法村康之(初代団長)法村康之 (初代団長)友井唯起子(2代目団長)友井唯起子 (2代目団長)
<バレエ団プロフィール>
法村友井バレエ団は、1937年に故法村康之、友井唯起子によって設立されたプロ活動を行っているバレエ団です。1983年より法村牧緒が団長となり、バレエ学校にロシアバレエのシステムを定着させ、多くの生徒を育て、それらの若く優秀な人材が現在のバレエ団の中堅となっています。東京、大阪での自主公演のほか、文化庁主催公演、会館主催事業、おやこ劇場等、多くの舞台実績を持ち、文化庁芸術祭大賞、大阪文化祭賞など数多くの評価を受けています。レパートリーは「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」「シンデレラ」「バヤデルカ」「ラ・シルフィード」「コッペリア」「エスメラルダ」「石の花」「バフチサライの泉」「アンナ・カレーニナ」ほか多くの名作があります。

「これまでの受賞歴」
<受賞歴>
昭和29年度 大阪芸術賞/昭和34年度 芸術祭奨励賞(文化庁)、芸術祭奨励賞(大阪)/昭和35年度 芸術祭奨励賞(文化庁)/昭和36年度 府民劇場奨励賞/昭和44年度 府民劇場奨励賞/昭和45年度 大阪文化祭賞/昭和50年度 大阪文化祭賞/昭和62年度 府民劇場賞、大阪文化祭賞/昭和63 年度 府知事賞平成 2年度 芸術祭賞(文化庁)「エスメラルダ」/平成15年度 芸術祭大賞(文化庁)「バヤデルカ」/平成16年度 大阪文化祭奨励賞「ロメオとジュリエット」/平成18年度 芸術祭大賞(文化庁)「アンナ・カレーニナ」 

「これまでの歩み・公演記録」

 1937~1942

昭和12年4月 故・法村康之と、故・友井唯起子により独立
昭和15年7月 バレエ「カルメン」(ビゼー/曲)友井唯起子デビュー
昭和16年12月 創作バレエ「釈伽」(橘静雄/曲)
昭和17年12月 創作バレエ「夢殿の観音」(橘静雄/曲)
以後、戦争激化とともに芸術の暗黒時代となりやむなく公演活動も停止、終戦後も生活疲弊のため、回復は容易ではなかった。

 1949~1952

昭和24年12月 日本に於ける初の創作バレエ「舞姫タイス」(高木東六/曲)
昭和25年9月 創作バレエ「雪女」(橘静雄/曲)
昭和26年10月 創作バレエ「サロメ」(戸田邦雄/曲)
昭和27年4月より28年7月まで1年半、戦後初の渡欧舞踊家として法村康之・友井唯起子はパリに居住、この間バレエをマダム・ステラに、スペイン舞踊をテレジーナ女史に師事する。
そのかたわらイギリス、ドイツ、イタリア、スイス、スペインを訪れ各地の民族舞踊を研究する。
帰国後はバレエ団の再訓練、再編成に務める。

 1954~1960

昭和29年10月 帰国記念公演に創作バレエ「赤い天幕」(戸田邦雄/曲)、「バラの手紙」(田中正史/曲)
昭和30年10月 帰国記念第2作品として「モダン・エチュード」(田中正史/曲)、創作バレエ「洞窟」(戸田邦雄/曲)
昭和31年11月 創作バレエ「赤き死の舞踏」(戸田邦雄/曲)、モダンバレエ「血液の循環」(石井歓/曲)
昭和31年12月より32年11月まで1年間、友井唯起子は友井桜子を伴って再渡欧、パリでバレエをマダム・ギョマン、スペイン舞踊をテレジーナ女史に師事し、
かたわら舞踊研究のためドイツ、デンマーク、スエーデン、スイス、イタリア、ベルギー、オランダ、スペインを訪れる。
昭和32年 4月より33年3月まで1年間、パリの”オペラ・コミック座”の男性第一舞踊手、ジャック・ショーラン氏を招き、バレエ団の基礎訓練にあたらせる。
昭和33年11月 創作バレエ「羽衣」(田中正史/曲)、「だったん人の踊り」(ボロディン/曲)
昭和34年11月 「レ・シルフィード」(ショパン/曲)、「ワルソーコンチェルト」(アディンセン/曲)、「ばらの精」(ウエーバー/曲),
「シェヘラザード」(リムスキー・コルサコフ/曲)「シェヘラザード」は昭和34年度芸術祭奨励賞、
「ワルソー・コンチェルト」は昭和34年度舞踊ペンクラブ賞受賞。
昭和35年11月 ”スパニッシュ・バレエの夕”で「恋は魔術師」、(ファリア/曲)、「ボレロ」(ラ ベル/曲)、他スペイン舞踊を上演。
昭和35年度芸術祭奨励賞受賞。

 1961~1969

昭和37年11月 創作バレエ「躍動のシンフォニー」(チャイコフスキー/曲)、「三角帽子」(ファリア/曲)

昭和38年10月 東京都芸術祭で「ジゼル」全幕(アダン/曲)
昭和40年9月 友井唯起子はソ連のモスクワ、レニングラード、キエフなどのバレエ学校、バレエ公演を視察旅行する。
昭和41年6月 ソ連国立モスクワバレエ学校教授メッセレル女史を迎えて、バレエ団員の技術向上をはかり、同女史振付による「バヤデルカ」をバレエ団のレパートリーに加える。
昭和42年2月 法村牧緒は、ソ連国立レニングラードバレエ学校に留学の為、出発する。送別公演で「ジゼル」「ボレロ」を上演。
昭和42年8月 再び、メッセレル女史を客員教師に招く。バレエ団創立30周年記念公演で「バヤデルカ」「フランチェスカ・ダ・リミニ」「タマール」を上演。法村牧緒は一時帰国し「バヤデルカ」の主役を踊る。
昭和43年3月 友井唯起子、ソ連バレエ界を視察旅行。
昭和43年9月 「サロメの悲劇」(フローラン・シュミット/曲)、「未完成交響曲」(シューベルト/曲)、友井唯起子 
昭和44年4月 ブルガリア国立オペラ・バレエ団のベラ・キーロワとコンスタンチン・ダミャーノフをゲスト。
アーティストに招き、大阪で「白鳥の湖」2幕、「くるみ割人形」2幕、「バレエ・コンサート」を上演し、両国の文化交流を果たす。
昭和44年7月 法村牧緒、レニングラード・バレエ学校での研修を終え、帰国。
昭和44年10月 東京都芸術祭で「白鳥の湖」全幕
昭和44年11月 同上 (大阪)

 1970~1973

昭和45年4月 EXPO70に於いて、友井唯起子、制作・演出・振付のグランド・バレエ「人類の進歩と調和」を上演。法村友井バレエ団他、 日本のバレエ界より750名が参加し、歴史的な1ページを飾る。
昭和45年11月 友井唯起子振付の5作品「アランフェスのコンチェルト」(ロドリーゴ/曲)、「牧神の午後」(ドビュッシー/曲)、「コーニッシュ・ラプソディ」(ヘイス/曲)、「カルメン・ファンタジー」(ビゼー/曲)、「チゴイネル・ワイゼン」(サラサーテ/曲)を大阪で公演し、好評を得る。この公演で法村友井バレエ団は大阪文化祭賞、友井桜子は大阪府民劇場奨励賞を受賞。
昭和46年2月  日本バレエ協会バレエフェスティバル(東京)で友井唯起子が「アランフェスのコンチェルト」の演出・振付、法村友井バレエ団が出演。
昭和46年4月  なにわ芸術祭「オーロラの結婚」
昭和46年5月 大阪府民劇場「シンデレラ」全幕、「牧神の午後」、「チゴイネル・ワイゼン」
昭和46年6月  春の定期公演(大阪)「シンデレラ」全幕、「スペイン奇想曲」
昭和46年10月  東京都芸術祭主催公演「ジゼル」「チゴイネル・ワイゼン」
昭和46年11月  秋の定期公演(大阪)「ジゼル」「チゴイネルワイゼン」「ジゼル」で法村牧緒は大阪文化祭賞を受賞。
昭和47年1月 日本バレエ協会関西支部バレエフェスティバル「ペール・ギュント」
昭和47年4月 なにわ芸術祭で「私の詩」を上演。
昭和47年7月 友井唯起子「第6回バルナ国際バレエコンクールの審査副委員長を務める。
昭和47年9月 鳥取県教育委員会主催の芸術祭で「白鳥の湖」を鳥取、米子、倉吉で上演。演奏=大阪フィル・ハーモニー
昭和47年11月  35周年特別公演で「くるみ割人形」全幕。
昭和47年11月  府民劇場で「くるみ割人形」を上演。三宅晢司は大阪府民劇場奨励賞受賞。
昭和48年1月 NHKテレビで「ハムレット」「タマール」が全国放送される。
昭和48年2月 「ハムレット」「バレエコンサート」
昭和48年3月 日本バレエ協会のバレエフェスティバルで友井唯起子が「羽衣」の振付。
昭和48年4月 大阪国際フェスティバルで「花の命」を上演。ブルガリアよりベラ・キーロワ、ビセル・ディアーノフを客演に招く。
昭和48年10月 NHKで「フランチェカスの恋」が全国放送。
昭和48年11月 秋の公演で「バヤデルカ」「フランチェスカ・ダ・リミニ」「三角帽子」

 1974~1979

昭和49年1月 大阪府助成第1回バレエ芸術劇場にバレエ団を挙げて参加。以後、春の公演はこのバレエ芸術劇場に代わる。「白鳥の湖」
昭和49年3月 文化庁助成・日本バレエ協会主催バレエフェスティバルで「花の命」を友井唯起子が振付しバレエ団からも多数参加する。宮本東代子、法村牧緒
昭和49年4月 パリのシャンゼリゼ劇場で著名な舞踊家達の「バレエ・コンサート」が開かれ、友井唯起子振付の「花の命」のグランパ・ド・ドゥがベラ・キーロワ(ソフィア国立歌劇場プリマバレリーナ)とアッティリオ・ラビス(パリ、オペラ座エトワール)
昭和49年11月 「ハムレット」「ボレロ」「シェヘラザード」友井唯起子40周年
昭和49年12月 同上 (東京)
昭和50年11月 「シンデレラ 」宮本東代子、法村牧緒
昭和51年11月 「四季 森から来た女人」宮本東代子、法村牧緒
昭和51年11月 同上 (東京)
昭和52年11月 「地獄変」他 (初演 ) 友井櫻子、赤澤源治
昭和52年11月 同上 (東京)
昭和53年11月 「くるみ割り人形」
昭和53年11月 同上 (東京) 宮本東代子、法村牧緒
昭和54年11月 「眠れる森の美女」(= 新演出)
昭和54年11月 「コッペリア」(= 初演)(東京)(ハンス・マイスター/振付 )酒井美津子、法村牧緒
昭和45年4月 EXPO70に於いて、友井唯起子、制作・演出・振付のグランド・バレエ「人類の進歩と調和」を上演。法村友井バレエ団が出演。

 1980~1989

昭和55年10月 「ジゼル」脇 香代、法村牧緒、宮本東代子
昭和55年11月 「オルフェウス」(=初演)(東京)(ハンス・マイスター/振付)宮本東代子、法村牧緒
昭和56年11月 「オルフェウス 」 同じ
昭和56年11月 「ジゼル」東京  コルダモワ
昭和57年12月 「白鳥の湖」宮本東代子、法村牧緒(東京)
昭和58年10月 「ジゼル」「クレオパトラ」(=初演)(東京)イブリン・ハート
昭和58年11月 同上 (大阪)イブリン・ハート
昭和59年11月 「くるみ割り人形」(=新演出 ) 住井悦子、法村牧緒
昭和59年12月 「シンデレラ」井上徳子、法村牧緒  東京
昭和60年11月 「シンデレラ」 井上徳子、法村牧緒
昭和61年11月 「バヤデルカ」(=初演 ) 宮本東代子、法村牧緒
昭和61年11月 「くるみ割り人形」(東京)K・コルダモワ  Y・ブルチャノフ
昭和62年 5月 「ジゼル」宮本東代子、法村牧緒、杉山聡美「スペイン交響曲」
昭和62年10月 「バヤデルカ」東京
昭和62年11月 「ラ・シルフィード」(=初演)宮本東代子、法村牧緒「シェヘラザード 」石川恵津子、大野晃弘
昭和63年 月 「卒業記念舞踏会」(=初演)(京谷幸雄/振付) 「お嬢さんとならず者」(=初演)法村牧緒振付、宮本東代子、大野晃弘井口雅之、三宅貴子 「スペイン交響曲」
昭和63年11月 「白鳥の湖 」 杉山聡美、鈴木 稔
昭和64年6月 「コッペリア」 杉山聡美、大野晃弘
平成元年11月 「エスメラルダ」(= 初演)中村美佳、法村牧緒、西山正幸、井口雅之

 1990~1999

平成2年 6月 「石の花」( = 初演)宮本東代子、杉山聡美、大野晃弘、法村牧緒
平成2年10月 「エスメラルダ」東京 中村美佳、法村牧緒、西山正幸、井口雅之、(芸術祭賞)
平成2年12月 「くるみ割り人形」 中村美佳、V・ボリソフ
平成3年6月 「バフチサライの泉」(=初演)宮本東代子、杉山聡美、法村牧緒、夏山周久
平成3年11月 「眠れる森の美女」中村美佳、夏山周久、杉山聡美
平成4年6月 「リーズの結婚」(=初演)中村美佳、大野晃弘、法村牧緒(アレクサ・メジンチェスク/振付)
平成4年10月 「バフチサライの泉」東京 宮本東代子、杉山聡美、法村牧緒、夏山周久
平成4年11月 「ドン・キホーテ」(=初演) 杉山聡美、A・クルコフ
平成5年6月 「ジゼル」中村美佳、A・ヤコブレフ
平成5年11月 「バヤデルカ」杉山聡美 、A・クルコフ、G・セリュツキー
平成6年6月 「エスメラルダ 」中村美佳、夏山周久、大野晃弘、井口雅之
平成6年10月 「リーズの結婚」杉山聡美、大野晃弘、法村牧緒
平成6年11月 「ラ・シルフィード」畠山かおる、V・サモドゥーロフ 、法村牧緒(改訂振付)
平成7年6月 「ドン・キホーテより夢の場」仲塚香代
「火の鳥」(=初演)杉山聡美、中村美佳、大野晃弘(アレクサ・メジンチェスク/振付)
「シェヘラザード 」宮本東代子、夏山周久、法村牧緒
平成7年11月 「白鳥の湖」杉山聡美、夏山周久
平成8年6月 ロシアバレエの夕べ「ショピニアーナ」「バラの精」「パリの喜び」(京谷幸雄/振付)
平成8年11月 「シンデレラ」長竹美保、法村圭緒
平成9年6月 「コッペリア」杉山聡美、大野晃弘
平成9年10月 「 シンデレラ」(東京公演)宮木百合子、法村圭緒
平成9年11月 「バフチサライの泉」岡林ひろみ、杉山聡美、法村牧緒、法村圭緒
平成10年6月 「 ドン・キホーテ」杉山聡美、法村圭緒
平成10年11月 「ロメオとジュリエット」岡林ひろみ、法村圭緒
平成11年3月 「せむしの仔馬」島 裕子、頼光麻衣子、大野晃弘「お嬢さんとならず者」岡林ひろみ、法村圭緒、井口雅之
平成11年6月 「石の花 」 岡林ひろみ、杉山聡美、法村圭緒
平成11年10月 「ロメオとジュリエット」 (東京公演)岡林ひろみ、法村圭緒
平成11年11月 「ジゼル」岡林ひろみ、法村圭緒「クレオパトラ 」杉山聡美、夏山周久、大野晃弘

 2000~2005

平成12年6月 「白鳥の湖 」杉山聡美、K・ミャスニコフ
平成12年11月 「エスメラルダ 」西田佑子、法村圭緒、高田万里
平成13年6月 「眠れる森の美女」西田佑子、法村圭緒
平成13年11月 「ショピニアーナ」堤本麻起子、K・ミャスニコフ
「ボレロ」法村友井バレエ団
「騎兵隊の休息」西田佑子、法村圭緒、山森トヨミ (ユーリー・ペトゥホフ/振付)
平成14年4月 スタジオ工事の為、森之宮の借りスタジオに移転
平成14年9月 「バフチサライの泉」法村牧緒、西田佑子、杉山聡美
平成14年12月 「くるみ割り人形 」西田佑子、法村圭緒
平成15年6月 新スタジオ完成
平成15年9月 ロシア公演 「騎兵隊の休息」「竹取物語」「ボレロ」
平成15年10月 「バヤデルカ」西田佑子、法村圭緒、高田万里 芸術祭大賞
平成15年12月 「くるみ割り人形」西田佑子、法村圭緒
平成16年3月 ジョイント・コンサート「グランド・ホテル」(=初演)堤本麻起子、西尾睦生、法村圭緒(ジャン・ブラバン/振付)他 コンサート集 
平成16年4月 杉山聡美引退公演
平成16年6月 「ドン・キホーテ」西田佑子、法村圭緒
平成16年10月 「ロメオとジュリエット」 高田万里、法村圭緒
平成16年12月 「くるみ割り人形」室尾由紀子、法村圭緒
平成17年6月 「シンデレラ 」室尾由紀子、法村圭緒  
平成17年10月 「ラ・シルフィード」高田万里、法村圭緒
「グランドホテル」堤本麻起子、西尾睦生、他
平成17年12年 「くるみ割り人形」室尾由紀子、法村圭緒

 2006~2009

平成18年6月 ロシア3部作「夢の場」=高田万里、杉岡麻魅、中尾早織 
「ライモンダ」=室尾由紀子、法村圭緒 (法村圭緒/振付)
「シェヘラザード」=堤本麻起子、ニキータ・シェグロフ(ヴァジム・シローチン/振付)
平成18年10月 「アンナ・カレーニナ」(=初演)高田万里、法村圭緒、法村牧緒
(アンドレ・プロコフスキー/振付) 芸術祭大賞
平成18年12月 「 くるみ割り人形」上田麻子、法村圭緒、法村牧緒
平成19年6月 「ジゼル」高田万里、法村圭緒、大野晃弘 「ボレロ 」 団員
平成19年10月 「海賊」(=初演 ) 室尾由紀子、法村珠里、法村圭緒、佐々木 大、(ヴァジム・シローチン/振付)
平成19年12月 『くるみ割り人形』矢野 智子、今村 泰典、
平成20年1月 『アンナ・カレーニナ』高田万里、法村圭緒、法村牧緒、(アンドレ・プロコフスキー/振付)
平成20年6月 『眠れる森の美女』法村珠里、アンドリアン・ファジェーエフ、堤本麻起子、マシモ・アクリ
平成20年10月 『白鳥の湖』高田万里、小嶋直也、今村泰典(芸術祭新人賞・高田万里)
平成20年12月 『くるみ割り人形』室尾由紀子、今村 泰典、
平成21年1月 新国立劇場『アンナ_カレーニナ』法村珠里(11日)、高田万里(12日)/ヤロスラフ・サレンコ(11日)、
ワディム・ソロマハ(12日)/柴田英悟(11・12日)、(アンドレ・プロコフスキー/振付)
平成21年6月 『グランドホテル』『騎兵隊の休息』法村珠里、山森トヨミ、奥村康祐『ラ・シルフィード』高田万里、小嶋直也
平成21年11月『エスメラルダ』法村珠里、ワディム ソロマハ、今村泰典、大野晃弘、高田万里

 2010~

平成22年1月 「くるみ割り人形」=高田万里、上田麻子、奥村康祐、今村泰典、法村牧緒
井口雅之、宮本東代子、中内綾美
平成22年10月「コッペリア」= 法村珠里、松岡 愛、奥村康祐、今村泰典、井口雅之
平成23年10月「バフチサライの泉」

facebook.jpg